2013年09月20日

福岡の経済誌に【福岡戦略会計サポートセンター】が紹介!

福岡戦略会計サポートセンターのホームページはこちらへ



数字に強い経営者がいる企業は必ず伸びる!
新会計システム「福岡戦略会計サポートセンター」開室
㈱アローフィールド


日本初の社長夫人育成コンサルタントなどで全国的に話題を呼んだ㈱アローフィールドが、中小企業のための新会計モデル「福岡戦略会計サポートセンター」を開室した。
センター長に矢野千寿氏、副センター長に同社専務取締役の矢野秀樹氏と新井会計事務所所長の新井博幸氏が就任。
数字に強い経営者を育て、地場産業発展の一助を担っていきたいという。


税理士任せの経営者が多すぎる

自社の資産状況を回われて即答できない経営者は多い。
財務のことは税理士に任せ、自ら月次決算を捲ることもない。
資産について尋ねられ答えに窮する経営者に遭遇するたびに矢野秀樹専務は、「自社の資金繰りを把握できない経営者が増えたらどうなることか」と不安を覚えるという。
経営者に頼られているはすの税理士にも疑問を感じている。
経営不振に悩む経営者の相談に乗るたびになぜ専任の税理士が財務の問題点を指摘しなかったのだろうと思う。
そんな現状に矢野専務は、「経営者に頼られるに相応しい税理士は希少です。彼らは経営者ではありません。月次決算書を見て経営を考えるのは社長の仕事です」と手厳しい。
しかし、その苦言も中小企業の未来を思えばこそ。
めまぐるしく変化する経営環境に対応できる体力をつけて、地域の活性化に貢献する中小企業が増えてほしいと真剣に考えている。

価値観を共有する税理士との出会い

「今の経営者に必要なのは、戦略会計のノウハウと、経営に関する良き相談相手となれるような税理士の存在です。数字に強い企業は必ず伸びます。
会計コンサルタントと税理士事務所がタッグを組んでノウハウを指導し、相談に乗る、というサービスができないかと考えました」(矢野専務)。
この発案をかたちにできたのは、同じ価値観を持つ新井博幸税理士と出会ったからだ。
新井氏自身も、中小企業経営者が税理士に依存しすぎることを懸念していた。
「本来、税理士の業務は税理を正しく申告して納税することにあります。もし途中で会計上に違和感を覚えても、細かく審査するのはフィーにあわないとして目を瞑る。
そして数値では経営状態が判断できないままに申告してしまうことになるのです。
経営者は経理を敬遠する、税理士は経営者に進言しない。
それぞれがばらばらです。この現状を放置していると、やがて中小企業がなくなってしまうのかと思います」(新井氏)。
新井氏にとっても同社との出会いは転機となった。

中小企業を甦らせてきた実績の集大成

「福岡戦略会計サポートセンター」は、戦略的管理会計による月次巡回監査(12ヵ月)を同社が、財務(制度)会計による決算申告は新井会計事務所が担う。
毎月、経営者が自分の手で会計システムの入力を行なうように指導しノウハウを教え、経営を自己判断できるような決算書を経営者自身がつくれるようになるまで伴走する。
もともと同社は、矢野代表が「自社の帳簿は自分でするもの」という基本理念のもと発展してきた。
経営指導までは手が回らないという税理士が多いことに失望を感じてきた失野代表だったが、新井税理士というパートナーを得られたことで気持ちが奮い立った。
「福岡戦略会計サポート」は、約1,000人の社長夫人を財務のプロに導き、多くの中小企業を甦らせてきた実績を持つ、矢野代表の集大成でもあるという。

経営“見える化”実践塾「経営分析編」

―赤字企業は1円でも黒字に!黒字企業は更なる黒字に!―

たった一日で会社の課題が発見できる!

全国で“数字”に強い社長夫人800人を育て上げ会社を蘇らせた『社長夫人革新講座』

このノウハウを社長様・後継者様・講座未受講の社長夫人様向けに

一日にまとめ大公開!これで貴社の問題点が明確になり、次の新たな一手を打てるようになる!

●経営分析の講義
●経営分析ワーク
●経営分析結果から問題点の読み解き方の講義
●問題抽出ワーク
●問題解決策の講義
●問題解決への課題抽出ワーク
●まとめ

お申し込みはコチラ

10月8日(火)・11月12日(火)・12月10日(火)

場 所:ホテル エルビー福岡
(福岡市中央区高砂1-1-25 TEL 092-534-3111)

時 間:10:30~16:30

参加費:10,000円

※毎回完結しますのでどこから参加されても大丈夫です!


【社長夫人革新講座】開講予定!

お申し込みはコチラ!

【基礎編】

【福岡】主催:アローフィールド

場所:ホテル エルビー福岡

(福岡市中央区高砂1-1-25 TEL 092-534-3111)

●2013年11月開講

第1講 11/15(金)・第2講 11/16(土)・第3講 12/13(金)

第4講 12/14(土)・第5講 1/10(金)・第6講 1/11(土)

【ホームページ】

矢野千寿の「ガンバレ!社長夫人」

社長夫人の「経営陣としての意識改革」と「実務能力の向上」を目的とする
日本初!社長夫人向け勉強会『社長夫人革新講座』も開講中

福岡戦略会計サポートセンター

会計の目的は、より早く より正確に より適切な手を打つこと。

商売繁盛は「経営判断しやすい月次決算を行う」ことから始まります。


ヒューマンスキル開発センターのTA Labo(ラボ)

メンタルから会社が変わる・動き出す!「TA導入で人材最適化」
TA(交流分析)は、精神分析の創始者・フロイトの流れをくむ、精神科医エリック・バーン博士によって開発された新しい臨床心理学です。

【ブログ】

社長夫人にしかできない 『経営問題を見抜く会計』とは?

『経営“見える化”実践塾』たった一日で会社の課題が発見できる!

NORI先生の中小企業の採用・育成には“TA”は欠かせない!

【フェイスブックページ】

財務のプロを育てる『社長夫人革新講座』

『利益倍増実践塾』毎月開催!「会社を1年で激変(黒字化)させる!」

【書籍好評発売中】

『これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!』

『これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!』

【福岡 税理士 管理会計 経理 社長夫人 社長 経営 財務分析 再生 再建 まとめ】


同じカテゴリー(福岡戦略会計サポートセンターの役割)の記事画像
経常利益10万円の企業が1年で2400万円になったワケ―1
中間管理職に“利益責任”を醸成する研修開始!カギは“数字”
“自計化”が必要な理由14-新商品開発に成功し資金繰り改善!
同じカテゴリー(福岡戦略会計サポートセンターの役割)の記事
 経常利益10万円の企業が1年で2400万円になったワケ―1 (2013-10-29 08:23)
 中間管理職に“利益責任”を醸成する研修開始!カギは“数字” (2013-10-17 09:57)
 社歴ある会社ほどムダな業務が定着化!再検討してムダ排除 (2013-10-15 09:59)
 悪しき習慣を変えただけで設備・時間・人財のムダ排除!事例から (2013-10-12 11:50)
 “売上総利益率1%アップ運動”で資金繰り改善成功!S社の事例 (2013-10-11 10:53)
 初期指導から「無駄な仕入から資金繰り改善に取り組んだ工務店」 (2013-10-09 09:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。